2005年2月19日土曜日

ぺそみちゃん


推定1977年生まれ。玉吉の近所に住んでいた無職少女。漫玉では"ぱそみちゃん"、なげやりでは"ぺそみちゃん"と呼称される。引越し屋の電話受付や、玉吉の同人誌作成のバイトなどもしていたが、基本的に無職。漫玉、なげやりには欠かせない存在で、根強い人気がある。色白で茶髪のショートカットで猫背。アパートに一人暮らしをしているが、どのように収入を得ているかは不明。一ヶ月2,000円あれば生活できると豪語していた。玉吉からは頻繁に食事を奢ってもらっていた。その割に、コミックビームを定期購読している。子供は嫌いだが、同性とは気が合うらしい。2003年1月から10月まで玉吉と伊豆別荘で同居していた。同居を解消した際には、介護の仕事をしていた。『御緩漫玉日記』、『なげやり』の連載終了に伴い、長らく玉吉作品に登場していなかった。しかし、コミック『伊豆漫玉日記』収録の「ざらめ月夜」で、伊豆別荘に引越した直後に付き合っていた女性の件があり、時期的に、ぺそみちゃんと推測される。

0 件のコメント:

コメントを投稿