2005年2月19日土曜日

ブロイラーおやじFX

グランドチャンピオン誌上で1992年~94年まで連載。作中では精力絶倫のサラリーマンが女子高生、女医、幼児etc.を相手に格闘を繰り広げる。作風は徹底的に下品だが、玉吉独特の女性を描く艶っぽさには感心させられる。ちなみにブロイラーとは焼肉用の若いニワトリの意味。秋田書店勤務時代のO村が編集を担当。初版の巻末には連載当時のO村とのエピソードが描かれていた。

今作がきっかけで、O村こと奥村勝彦がエンターブレインに転職し、現在の『月刊コミックビーム』が存在する。

ブロイラーおやじFX+ (ビームコミックス文庫)   桜 玉吉 https://www.amazon.co.jp/dp/4757743157/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_kevTybFTDB9M6 @amazonJPさんから




0 件のコメント:

コメントを投稿