2017年11月16日木曜日

桜玉吉とは?


桜 玉吉(さくら たまきち)は漫画家、イラストレーター。1961年3月2日東京生まれ。魚座のA型。本名は野澤 朗(のざわ あきら)。素顔(*1)は意図的に本人が伏せています。都立芸術高校卒業後、新宿美術学院で一浪し、多摩美術大学グラフィックデザイン科に入学後、中退。

イラストレーターとして『アイコ16歳』のイメージイラストを手掛け、またPCゲーム雑誌ログイン(休刊中)の「MSX通信」カット(*2)を担当した縁により、1986年からファミコン通信(現 週刊ファミ通)で代表作『しあわせのかたち』を連載。当初はゲームのパロディ漫画を中心に、続いて鬱病に悩まされながらも私的な絵日記漫画・随筆紀行漫画を執筆。またゲームキャラのデザインや、同人誌の発行も手掛ける。

多趣味で旅行(*3)・釣り・バイクツーリング・粘土細工・食玩の収集など。離婚歴があり、1993年3月生まれの娘が1人。猫好き。(有)玉屋社長。身長181cm(*4)。実姉はイラストレーターの真野 匡(まの きょう)、元アシスタントには週刊少年ジャンプ『シャーマンキング』作者の武井宏之(*5)、月刊コミックガム『快速!FREE NOTE Book!!』作者のすがわらくにゆきがいる。

長らく東京都調布市に住んでいたが、ネットカフェでの生活を経て、現在は東伊豆在住。

2017年11月現在、連載中の作品は次の通り

日々我人間
週刊文春連載、既刊『日々我人間

読もう!コミックビーム
週刊ファミ通にて、不定期連載。また、コミックビーム増刊号のコミックビーム100に再掲載。作品は主に『読もう!コミックビーム』、『漫喫漫玉日記 四コマ便』に収録。しかし、『4コマ漫玉日記 アルカリ』、『4コマ漫玉日記 酸』など、複数の既刊本に重複して収録されている

読切り
月刊コミックビームに、概ね隔月連載。既刊は、『漫喫漫玉日記 深夜便』、『伊豆漫玉日記』

*1 作中に桜玉吉本人が登場する際は、黄色のお面を付けて登場
*2 「お絵描き大好き」ペイントツール講座の講師役など
*3 西伊豆がお気に入りで、心の故郷とも
*4 19歳の夏に、力士にスカウトされかけた程、体格が良かった
*5 しあわせのかたち169話に既婚のアシの亀吉さんとして登場

0 件のコメント:

コメントを投稿