2017年8月17日木曜日

桜玉吉の伊豆別荘まとめ



※動画は、2年前に公開されたものです。イベントは終了しています

現在、桜玉吉が住んでいる伊豆別荘の情報を作品から拾ってみました

調布から伊豆に引越したきっかけは...

ファンに自宅を特定されたから、更には温泉好きで、伊豆にあこがれていたからです。当初は沖縄も引っ越し先の候補でしたが、値段が高い、シャワーはあっても、風呂がないなどの理由で断念しています

別荘購入から、現在に至るまでの経過...

2002年12月
伊豆で中古の別荘を購入する
2003年1月
調布から伊豆の別荘に移住
2010年夏
伊豆の別荘から調布に移住
2011年頃
東京の漫画喫茶に定住し始める
2015年2月
漫画喫茶から伊豆の別荘に移住

別荘の物件情報...

2002年時点で、築11年、木造二階建て、土地88坪、床面積42坪、3LDK、4畳半の介護風呂(ジェットバス)、18畳のリビング、8畳の和室など

立地...

東伊豆で、住所は、市ではなく、郡だと玉吉自身が語っています。山の斜面に立地し、ベランダから海が見えます。別荘地で、他の定住者は3、4軒とのこと。恐らく天城山系のどこかと思われます

購入金額など...

1,800万円です。内訳は頭金900万円、残り900万円は10年ローンです。父親が保証人になっていました。お金を借りた銀行の別荘の担保評価額は、家屋140万円、土地366万円でした

同居人など...

2003年1月から、10月までぱそみちゃん(ぺそみちゃん)が同居していました。その他には、父、母、姉、娘さん、娘さんの友達が余暇を利用して、遊びに来ていました。『日々我人間』に、過去の居住者がアナログテレビ12台を残していった話があるので、他にも出入りがあった模様です

その他...

伊豆別荘での生活は、漫画喫茶よりもお金がかかるとのことです。ちなみに、2011年当時、生活が破綻しつつあったとコミック『漫喫漫玉日記深夜便』に描かれていますが、当時は、伊豆別荘のローン(2013年満期)、娘の養育費(2013年満了)、調布の自宅家賃、漫画喫茶の支払(日当り4千円前後?)、積立年金(2021年満期)の支出があったと思われます。収入は『御緩漫玉日記』以来、ほぼ休筆状態でもあり、『ゲイツちゃん』、『読もう!コミックビーム』の僅かな原稿料と、印税程度でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿