2018年2月6日火曜日

桜玉吉の関係者近況まとめ 2018/02/06

2018年2月6日現在の桜玉吉関係者の近況をまとめてみた。

桜玉吉(野澤朗)
今年3月2日で、満57歳を迎える。伊豆在住。執筆活動は、コミックビームに読切りを隔月連載。週刊文春で「日々我人間」、週刊ファミ通で「読もう!コミックビーム」を連載。コミックビーム100に「読もう!コミックビーム」を再掲載。
2017年夏、クーラーが故障し、脱水症状で倒れ、ムカデに噛まれるなどして、ビームの原稿を落とすハメに。更に日々我人間では、通行人に自宅がバレたことをネタにし、ビームの後書きでは、自宅の手すりがもげたことを報告。初夏?に、原稿を手渡しにO村宅を訪問した旨、旧ニコニコch「読もう!コミックビーム」で報告された。
10月、「横浜トリエンナーレ2017」、「黄金町バザール2017」で、映画『ラブラブROUTE21』が再上映された。また、チャーリー野澤名義の「マリオの大冒険」が海外で復刻され、ジワジワ売れているとのこと。

姉(真野匡)
イラストレーター。2017年、舞台「ええ、アイ」のグッズ製作に参加した。以前は、乃間修とのユニット「まのとのま」として、主に旅行をテーマにコミックを刊行していたが、2014年を最後に新刊が出ていない。

奥村勝彦(O村
コミックビーム編集総長。2017年6月に『“天才”を売る』刊行記念トークイベント、11月に「まんが編集道《昭和の時代からマンガの現場に居続けて》~50代現役マンガ編集者が、あなたの疑問に答えます!~」に、それぞれ参加した。10月、ビームの「緊急事態宣言」から一年を経て、ねとらぼの取材を受けたビームの動きとしては、10月より、デジタル増刊「コミックビーム100」の発行開始。なお、10月末日をもって旧ニコニコチャンネル「読もう!コミックビーム」を閉鎖し、改めて「読もう!コミックビーム【廉価版】」にサービスを移行した。


ちょりそのぶ(牧野伸康、牧野ちょり)
玉吉の元アシスタントで、モデラーとして活動しており、2017年9月に開催された「iPhoneケース展 in 東急ハンズGINZA」に出品し、作品賞を受賞した。12月には、facebookを始めた。


オーバ君(大場渉)
玉吉の元担当編集者で、コミックビーム姉妹紙「ハルタ」編集長。2017年9月に徳島で開催された、マチアソビvol.19で、森薫に同行していた。

金田一(金田一健、きんちゃん)
「しあわせのかたち」2代目担当編集者で、2017年10月現在は、MFブックス編集部編集長。「第二回 ComicWalker GLOBAL 卒業制作キャラクターデザインコンテスト」において、審査員を務めた。

ぺそみちゃん(ぱそみちゃん)
近況ではないが、昨年発売のコミック『伊豆漫玉日記』収録の「ざらめ月夜」に、2003年当時に付き合っていた女性との思い出が語られており、時期的にぺそみちゃんと推測される。

0 件のコメント:

コメントを投稿